カナダへの高校留学ならウエストコーストインターナショナル

ブログ

カナダ留学持ち物チェックリスト【印刷用PDF】留学生の声をもとに作成

2018年6月7日

役立ち情報

こんにちは。
カナダ留学のウエストコーストの近藤です。

留学の時に何を持っていったら良いのか迷ったりしませんか?
カナダ留学の老舗であるウエストコーストが実際に使っている持ち物リストを公開します!

留学生の声を参考にブラッシュアップしてきたこのチェックリストをぜひ参考になさってください。

飛行機内持ち込みするもの

□パスポート
□航空券
□学校の入学許可証のカラーコピー(通学する学校が決まっている場合)
□学生ビザ、ワーホリビザの許可レター(バーコードが表記された書類)
※観光での入国の際は不要
□ 保険証書(英語版)
※クレジットカード付帯保険の場合は、カード会社から英文の証書をいただいてください
※現地保険(Guard Me)の場合は、当社現地スタッフよりメールで送られる保険契約内容書を印刷してください
□現金(カナダドル 500 ドル相当)
※日本の銀行で両替しても問題ありません。お勧めは、日本の空港で 1 万円程度を両替し、カナダ到着後に残り4~5万円をダウンタウンで両替することです(レートが良いため)。
□ノートパソコン(またはタブレット)
□音楽機器(必要であれば)
□カメラ(必要であれば)
□電子辞書(スマホのアプリ等も可)
★液体類(化粧品なども含む)、刃物類(ハサミやナイフなど)は手荷物に入れたままですと、空港で没収されますのでご注意ください

スーツケースに入れる荷物

□サブバック(学校通学、行動用)
□筆記用具
□下着、靴下 一週間分
※カナダは洗濯が原則週 1 回程度になるため
□Tシャツ、長袖、長ズボン
□上着(脱ぎ着のしやすい パーカー、カーディガンなど)
□部屋着(パジャマ)
□室内用スリッパ
□普段用の靴(動きやすい靴)
□帽子、サングラス
※カナダは日本に比べて紫外線が 7 倍ほどあり大変強いです
□洗面道具(歯ブラシ、コンタクト用品等、シェービング、爪切り、めん棒など)
□ドライヤー
□タオル(大・小)、ハンカチ
□洗濯用ネット
□折り畳み傘
□常備薬(風邪薬頭痛薬など)、目薬
□化粧品 乾燥肌の人は、ローションやボディクリーム(現地購入可能)、日焼け止め
□スポーツ用品(スポーツ好きな方)
□マフラー、手袋(春、秋、冬にご留学の場合)
□水着、サンダル(夏にご留学の場合)
□ホストファミリーへのお土産
★カナダは基本的に電圧は日本に近いため、変圧器は不要です

留学持ち物リストのPDFファイル ダウンロード

参考までにカナダ留学持ち物リストのPDFファイルを公開しています。
ぜひ留学にお役立てください。
カナダ留学の持ち物チェックリストはこちらをクリック

    5427
  • 近藤 亜弥

    日本の大学を卒業し保健体育の教員免許を取得後、人材広告会社に営業として就職。その後トロントのHumber College にて広告、メディア、マーケティングを専攻しました。日本での就職活動、カナダの就職活動、どちらも経験しました。皆様のキャリアアップに繋がる留学サポートさせて頂きます。

カテゴリ

関連記事