カナダへの高校留学ならウエストコーストインターナショナル

ブログ

日本人シェフによるアイスクリーム、Tangram Creamery

2016年9月14日

お役立ち情報

2016年9月14日 カナダ留学最新情報

こんにちは。ウェストコースト学生スタッフのTomo です。

あっという間に終わってしまった夏に、バンクーバー留学されている皆さんは驚いているのではないでしょうか?夏のデザート特集の最終回として、今年1月にオープンした、日本人シェフによるアイスクリーム屋さんをご紹介します。

Tangram Creamery というこのお店は、アービュータスストリートと12番ストリートの交差点の近く(2729 Arbutus Street)にあります。ここでユニークなのは、ラングドシャのコーン!サクサクしていてほんのり甘いコーンに、お好みのアイスクリームをたっぷりいれてくれます。店員さんがほとんど日本人なので、おすすめなど聞いてみてくださいね。ちなみに私たちが行ったときの店員さんのおすすめは、黒ゴマのアイスクリームとココナッツのアイスクリームでした。抹茶やチョコレートなどかなりたくさんの味を楽しむことができます。私は少し試食させていただきました。

抹茶は本格抹茶でとても味が濃かったです。

ココナッツは、日本ではなかなか味わえないおしゃれな味でした。

黒ゴマは黒ゴマたっぷりで、私は大満足!

お値段は1つ5ドルほどで、ワンスクープで十分なボリュームでした。

ウェブサイトによると、コーヒーにもこだわっているようです。日本人シェフによるアイスクリーム、ぜひ試してみてくださいね。

Tomo

    5423
  • 高木 ともよ

カテゴリ

関連記事