カナダ150周年:カナダの発明品 カナダ語学留学10年の実績

ウエストスタッフブログ

カナダ150周年:カナダの発明品

Hello everyone! Clement from Westcoast here!

Canada has been a country for 150 years, and in that time, there have been many inventions that have come from Canada. In this short article, we will look at some that are well known, and others that are less known!!

カナダは国になって150年たちます。そしてその間に、カナダではたくさんのものが発明されました。この記事では、よく知られたものからあまり知られていないものまで、いくつか一緒に見てみましょう。

 

The Telephone

Many of us have smart phones. Telephones are everywhere; in our offices, homes, restaurants, and almost everywhere else we can think of. But many people are not aware the first device we now know as the telephone was put together by Alexander Graham Bell in Canada during 1876.

現代では多くの人がスマホを持っていますが…。電話はどこにでも;オフィスや家、レストラン、そして思いつくところどこにでも電話がありますね。しかし多くの人が、知られている限りの最初の電話が、アレキサンダー・グラハム・ベルによって1876年にカナダで作られたことを知らないのではないでしょうか。

 

Ice Hockey

The sport that Canadians are known for, all over the world. The first indoor game played on ice was in Montreal, which has since then stayed one of the most central points of professional hockey and its development.

ホッケーは、世界中で、カナダを代表するスポーツとして知られています。氷上での最初のゲームはモントリオールで行われ、このモントリオールは今でもホッケーのプロフェッショナルの中心、またその発展の中心地になっています。

 

Peanut Butter

A staple filling for sandwiches not only for kids, but for anyone who is looking for a quick breakfast or lunch. This delicious spread was invented in Montreal during the 1800’s and has since grown to be popular all over the world.

子どもだけでなく大人も、簡単な朝食やランチのサンドイッチの中身として使われるピーナツバター。このおいしいペーストは1800年代にモントリオールで発明され、世界中で人気になりました。

 

Clement

(訳:Tomo)

就職・転職に直結!確かな英語力と資格取得ならカナダ留学のウエストコーストインターナショナル