高校留学体験談:K.Iさん カナダ語学留学10年の実績

高校留学体験談:K.Iさん

K.Iさん(卒業生)

カナダ留学を通して、興味のある分野を発見!日本の大学進学を目指す。

お名前:K.Iさん(卒業生)
教育委員会(学区):Abbotsford
学校:W.J.Mouet Secondary

どのように高校を選びましたか?

ウエストコーストのカウンセリングの中で決めていきました。

通っている高校について教えてください!

K.Iさん(卒業生)

先生も友達もフレンドリーで留学生にやさしかったです。アドバイザーは日本人だったので気軽に相談できました。とても生活しやすい環境でした。

ズバリ!!カナダの高校の良い所は?

K.Iさん(卒業生)

日本の高校と違い、決められた科目(英語、数学、理科系、社会など)以外は選択科目だったので自分の好きな科目、得意な科目を受けることができ、毎日その科目の時間が楽しみで学校を休まずに行っていました。また、日本の先輩後輩というような関係がほとんどなかったので上級生、下級生の人達とも仲良く気軽に接することができました。

カナダで一番楽しかった経験は?

K.Iさん(卒業生)

カナダで一番楽しかったことは友達と過ごした時間です。僕がいたアボッツフォードでは、毎月1回市内の学校に通っている留学生達と一緒に行くtripがありました。このtripではバンクーバーのダウンタウンへ行ったり、ビクトリアへ行ったりしました。友達と一緒に、ビクトリアの町を周ったり、バンクーバーのダウンタウンで買い物をしたりするのが僕にとってとても楽しかったです。

今後の進路を教えてください!

日本の大学で心理学について学びたいと思っています。心理学は、ほぼどの分野でも通用するものだと思いますし、留学を通していろいろな国の人達と関わってきて人間生まれ育った環境によって考え方などがこうも違いがでてくるものなのかと感じ、とても興味を持ったからです。

留学全体を通しての感想を教えて下さい!

K.Iさん(卒業生)

あっという間に2年間が終わってしまった気がします。辛いこと大変なこともたくさんありましたが、それらも今となってはいい思い出で、日本ではできないたくさんの経験ができてとても充実した日々でした。
日本とは違う環境で生活したことによって日本の良い点悪い点に気づき、どうしたらその日本の良い点をのばせるか、悪い点を改善できるかなど日本への関心が深まりました。

ウエストでの一番の思い出

K.Iさん(卒業生)
K.Iさん(卒業生)
K.Iさん(卒業生)

ウエストのイベントの中で思い出深かったのは、夏の野外キャンプです。ウエストの野外キャンプではただカナダの自然を楽しむだけではなく、カナダの原住民のFirst Nationの人達から、彼らの昔から受け継がれてきた文化を聞いたり、実際に経験したりして学ぶことができました。また、自由時間などにはウエストの人達とバスケなどのスポーツで一緒に楽しんだりし、2日間のキャンプのうち楽しくない時間がない程でした。ウエストのイベントはただ楽しいだけではなく、カナダの文化を深く学べ、カナダでの生活に一層とけ込こむことができ、より充実した生活にしてくれました。

最後にウエストの後輩へ一言!!

英語が全くできない、親の助けなしではなにもできなかった内気な僕でも卒業できました。みなさんの中には海外の学校を卒業できるのかどうかと不安を持っている人もいるかと思いますが、留学してみたいと気持ちがあるのなら、自分を信じ挑戦してみてください。

美和・チュッカ(代表)

スタッフからのコメント

K.I君は、日本の高校を1年間、カナダの高校を2年通って卒業しました。日本とカナダの高校の仕組みを客観的にとらえていて、考え方や視野が広くなったと思います。得意なことはスポーツ全般。高校では、バスケ部や陸上部に所属し、大会にも出場。体育の授業では優等を取得したり、運動会の運営委員を務めたりと、自分の特技を最大限に発揮しました。とても優しい性格で、人の事を誰よりも思いやることができることもあって、進路の方向は、日本の大学で心理学を学ぶということを決意しました。日本支社にも卒業後よく遊びに来てくれるので、今後も繋がっていく仲間になると思います!

就職・転職に直結!確かな英語力と資格取得ならカナダ留学のウエストコーストインターナショナル