他社との比較 カナダ語学留学10年の実績

他社との比較

ウエストのココが違う!

  • 日本とカナダでWサポート
  • スタッフが自慢
  • 日系企業で10年の実績
  • サポートが本当に手厚い
  • 「教育」がテーマ
  • 家族のような温かさ
  • 進路相談が強い
  • 緊急時の対応
笑うウエストには福来たる

知ってましたか?これだけ違う他社との比較

現在の高校留学エージェントの5つの問題点をまとめてみました。

問題点1:日本人経営者でないことが多い

留学生の悩み

日本では、しっかり留学の準備を手伝ってくれましたが、カナダに到着してホームステイでトラブルがあって、カナダのオフィスに相談に行くと周りは中国人でたくさん!日本語を話すスタッフもいましたが、人数が少ないためか対応してくれませんでした!!

ウェブ上の歴史や数字は、韓国や中国のエージェントの実績を表しており、日本人へのサポートがまだ浅いエージェントも実は多いんです。
日本人スタッフはおいているけれど、文化的な背景や理解を踏まえると日経業者の方がスムーズです。
ウエストは日本人とカナダ人の高校の教員が共同経営者。2004年から高校生の受け入れをしていて、実績があって安心です。

美和・チュッカ(代表)

問題点2:高校の教育システムについて知らない

留学生の不安

新学期がもうすぐ始まりますが、最初英語に自信がないので、できるだけ簡単な授業や成績の取りやすい科目をエージェントに聞くと、「アドバイザーの言うとおりにやれば大丈夫」とだけ言われてしまいました。これからの進路も相談したかったのに、これでは不安です・・・

最初の教科選びは重要です。そこでいきなり難しい教科をとったり、英語のレベルについていけないと大変です。最初の数週間はコース変更できたり、カナダ人と友達になりやすい教科を知っておくと良いですよね。
実際に、コース選択などは後の大学進学や進路なども含めて知識としてなければ、良いアドバイスができません。高校のカリキュラムや卒業単位、大学入学のための成績はどの教科が必要かなど、多くの知識が必要になってきます。

美和・チュッカ(代表)

問題点3:留学中のサポートを斡旋会社に任せている

留学生の不安

出発前と今で、会社の名前も違うし、相談があってオフィスにきましたが、待ち時間が長く、日本で伝えた情報もカナダ現地には伝わっていないみたい。何度も同じことを説明して時間がとられました!!

エージェントによってはオフィスをカナダ現地に構えていないため、他社企業にサポートをお願いしています。そのため、留学中のサポートがうまく機能せずに、緊急時の際も対応が遅れることがあります。
ウエストは日本もカナダも同じ一貫した会社ですので、準備から卒業まで手厚いサポートが受けられます。

美和・チュッカ(代表)

問題点4:手数料が高い

留学生の不安

あまり裕福ではなく、カナダの高校を卒業するのも予算的にはギリギリです。親にもできるだけ負担をかけたくないのですが、手数料で年間60万のサポート費がかかるので内心高いと思っています。これって払い過ぎですか?

必ずかかる実費以外の手数料を60万も70万も(中には90万以上)払うのはとてももったいないです。送金の為替レートに数%上乗せするだけでも年間で数十万単位で変わってきます。
ウエストではわかりやすい値段設定で、どのエージェントよりも安価で上質のサポートを提供しております。

美和・チュッカ(代表)

問題点5:カナダの教育制度について知識不足

留学生の不安

進路相談でエージェントに行きましたが、あまり良い印象がありません。スタッフが元気なのは良いのですが、もっと真剣に相談したかったです。卒業後に州立大学進学も考えていましたが、あまりわからないと言われてしまいました!

他のエージェントでは、カナダ現地でサポートをしているスタッフがほとんど短期留学の素人の事も多く、カナダの教育制度を熟知している方は少ないです。
ウエストでは、「教育」に力を入れているためスタッフ研修の一部として、小・中・高・大学の見学や教育者ツアーなどを行っており、またカナダ現地スタッフは全員州立大学出身者ですので安心です。

美和・チュッカ(代表)

就職・転職に直結!確かな英語力と資格取得ならカナダ留学のウエストコーストインターナショナル