カナダで仕事の経験を! カナダ語学留学10年の実績

カナダで仕事の経験を!

よくあるお悩み

  • 将来自分のやりたいことを見つけるにはどうしたらいいですか?
  • 視野を広げたいですが、どうしたらいいですか?
  • 日本人がいない所に行ってみたいんですがどうしたらいいですか?

英語力、就労ビザ、実力、人との縁が大切!

おすすめ留学プラン

1ワーホリを使って仕事経験!

ワーホリを使って仕事経験!

一番一般的なワーキングホリデービザを使った留学パターンです。会話が出来るレベルまで語学学校で英語力を伸ばして、仕事につきます。コツは、語学学校中は学生ビザか観光ビザで滞在し、英語が伸びてからワーキングホリデーを使うとワーホリ期間を最大限に活用することが出来ます。カフェ、リゾート、レストラン、お土産屋さんなどで働く方多数。英語力次第で、出来る仕事も増えます。英語が出来ない場合、英語を使わない仕事になるのでご注意下さい。

2有給インタ−ンシップ付きのプログラムをいかす!

有給インタ−ンシップ付きのプログラムをいかす!

カナダには有給インタ−ンシップ付きのプログラムが多数あります。自分の興味のある分野で仕事経験をつけて日本でも世界でも通用する仕事経験を積むことができます。無給インタ−ンシップの方がポジション的には上のレベルにつくことも多いです。お金を出すということはそれなりの実力がないとやらせてもらえません。逆に実力のある人はインタ−ンからワークのビザ、移民といったことを経験された方もいらっしゃいます。

3州立大学のプログラムをいかす!

州立大学のプログラムをいかす!

カナダでは州立大学で8ヵ月以上2年未満のプログラムは、プログラムと同等の期間、2年以上のプログラムは3年間のポストグラジュエート(卒業者に対しての就労ビザ)を取得することが出来ます。 雇用社もカナダの大学を出ていることで安心ですし、移民もしやすくなります。カナダの州立大学はかなり質が高いので、学んだことは世界に通用します。

この留学スタイルを目指す方へのメッセージ

美和・チュッカ(代表)

カナダで仕事につくには英語力がまず一番大切です。英語力に応じてやれる仕事も変わってきます。次にどんな仕事ができるのか経験や実力が大事です。留学は本当に自分がやってみたい仕事経験にチャレンジするのにも絶好の機会です!

ポイント①

カナダで仕事につくのに必要な英語力
通常カフェやレストランで仕事をするには、お客様と会話が出来たら大丈夫です。オフィスワークの仕事は読み書きの力がとても大事です。

ポイント②

カナダで仕事につくためには
経験がなくても英語力やコミュニケーション力がある方は面接に強いので仕事につく確立が高いです。仕事経験がない場合、かなり実力をつけることが出来る専門性の高いプログラムを受講することをおすすめします。その場合無給のインタ−ンシップで経験を積んで、有給を狙う方法が妥当です。専門性の高いプログラムを受講した場合有給インタ−ンも可能です。

ポイント③

ワーホリ以外で仕事をする方法は
専門学校の有給インタ−ンシップ、又は、州立大学に通学した場合正規プログラムの学生で出来る仕事はOff Campusとよばれる就労ビザ、コーオップ、卒業時に出るポストグラジュエートという就労ビザを取得する方法があります。ポストグラジュエートは8ヵ月以上または2年未満のプログラムの場合、受講プログラムと同じ期間就労ビザが出ます。2年以上のプログラムの場合3年の就労ビザが出ます。年齢は関係ないです。

オススメ学校

序盤の英語基礎力固めに:語学プログラム

ELS Languaguage Centre

区分:私立語学学校/平均学費:1400ドル~(1カ月)/場所:バンクーバー、トロント

ELS Languaguage Centre

州立大学から認められる確実な英語力を身につけられる語学学校!

この学校の上級レベルを修了すると、州立カレッジのプログラムへの入学が認められるほど、堅いアカデミック英語を着実につけることができる学校。他の学校に比べ、エッセイライティングやリーディングが多いのが特徴で、スピーキングでもプレゼンテーション、ディベートが頻繁に行われ大変ですが、仕事でも生きる確実な英語を身につけることが可能です。

St.Giles

区分:私立語学学校/平均学費:1330ドル~(1カ月)/場所:バンクーバー

St.Giles

企業語学研修も行う落ち着いた雰囲気の学校で総合的な英語力アップ!

St.Gilesは世界的に有名な企業の語学研修をたくさん行っていることもあり、そのプログラム、落ち着いた学校の雰囲気ともに社会人に大変オススメの学校です。バンクーバーの中では珍しく、ヨーロッパ人が多数を占めているのも大きな特徴で、読む・書く・聞く・話すをバランスよく伸ばしていくプログラムにも定評があります。

Humber College EAPプログラム

区分:州立カレッジ英語プログラム/平均学費:3000ドル(2カ月)/場所:トロント

Humber College

トロントの名門州立カレッジが提供する英語プログラムで差をつける!

名門州立カレッジが提供する留学生や移民に向けての英語プログラム。本プログラム卒業生は州立カレッジの本科コースに問題なく入れるレベルの英語力をつけることを目的に設計されているため、ハイレベルなアカデミック英語を身に着けることができます。州立の英語プログラム中でも様々な人種と年齢の学生とともに勉強できるのも大きな特徴です。

VGC Language School

区分:私立語学学校/平均学費:1230ドル~(1カ月)/場所:バンクーバー

VGC Language School

TOEFLやIELTS対策にも強い、高い英語力を総合的に身につける!

もともとTOEFLやIELTSといった国際的な英語資格の対策コースが強い学校ということもあり、話す・聞く・読む・書くをバランスよく高いレベルで教えています。クラス内での授業に加え、グループプロジェクトなど実践的に英語を使う環境を取り入れたり、無料で先生が常駐する自習室やオンラインコースが使えるなど、新しい取り組みにも積極的な学校です。

専門性を高めるために:ビジネス・資格プログラム

Humber College

区分:州立カレッジ/平均学費:14000ドル~(1年)/場所:トロント

Humber College

産業界で圧倒的支持を誇る!高い専門性と就職率を誇る州立教育機関

カナダ州立教育機関の中でも大変高い就職率は、就労に直結する知識やスキルを徹底して習得できるプログラムが産業界で大変高く評価されている証拠。また、大卒者のみが取得できるPost-graduate Certificateはその単位がMBAと互換性を持つほど質が高く、大卒者、社会人に大変人気です。卒業後1~3年の就労ビザの取得が可能で、カナダで正社員として働けるのも大きな魅力です。

British Columbia Institute of Technology (BCIT)

区分:私立ビジネス学校/平均学費:15000ドル(1年)/場所:バンクーバー

British Columbia Institute of Technology (BCIT)

BC州で最も高い就職率を誇る、産業界が認める実践的教育プログラム

BC州の中でも最も高い就職率を誇る州立教育機関。ビジネス、IT、エンジニアリング、デザインなど多岐にわたる分野で卒業後に即戦力として活躍できる知識とスキル、経験を身につけることを目指したプログラムは大変人気があります。州立機関のため、卒業後に1~3年の就労ビザを取得でき、カナダでフルタイムでの仕事に就けるのも大きな魅力です。

University of Victoria

区分:州立大学ビジネスプログラム/平均学費:5900ドル(3か月)/場所:ビクトリア

University of Victoria

名門州立大学でカナダ人学生や社会人とビジネスを集中的に学ぶ!

三か月という短期間にもかかわらず、カナダ人の大学生や社会人と名門州立大学でビジネスを勉強できる珍しいプログラム。短期間で経営学8科目(マネジメント、会計など)を学ぶため、非常にタフな内容ですが、ネイティブとの日々のグループワークの中で、英語力の更なる向上と、国際舞台で役立つビジネス知識やスキルを獲得できます。

Ashton College

区分:私立ビジネス学校/平均学費:4300ドル(3か月)/場所:バンクーバー

Ashton College

経営や貿易を短期間で集中的に学ぶならこの学校!

経営の勉強や国際貿易資格を狙う方にオススメの学校です。学生のほとんどは留学生ですが、社会人経験者・大学生と非常に意識の高い学生たちが勉強をしています。各プログラムともに6か月で修了する構成ですが、3カ月からの申込みが可能で、3か月以上のクラス授業の場合は、インターンシッププログラムをつけることも可能です。

就職・転職に直結!確かな英語力と資格取得ならカナダ留学のウエストコーストインターナショナル