インターンシップ カナダ語学留学10年の実績

インターンシップ

よくあるお悩み

  • 英語は話せませんが、インターンシップってできますか?
  • 有給インターンシップってできますか?
  • インターンシップってどんなことをやるんですか?
  • インターンシップにはどのような職業がありますか?

“しっかりとした英語力”と“働く姿勢”がカギ!

おすすめ留学プラン

1有給インターンで働きながら、実力を身に付ける!

有給インターンで働きながら、実力を身に付ける!

有給インターンシップなら専門学校がオススメです。プログラムには、IT関係、ビジネス、アート、ホスピタリティーがあって、6ヶ月以上のコースから有給のインターンシップを経験できます。

2専門学校のインターンシップでキャリアアップ!

専門学校のインターンシップでキャリアアップ!

キャリアチェンジをお考えの社会人や就活を控えている大学生に人気の英語+専門学校のプラン。最初の数か月、キッチリと英語力をかためた後に専門知識を学び、それを生かしてインターンシップで実戦経験を積んでいきます。プログラムは貿易や、ビジネス、ホスピタリティー、幼児教育、英語教授法、IT、アートなどいろいろな種類があります。

3英語力を伸ばしてインターンシップに挑戦!

英語力を伸ばしてインターンシップに挑戦!

英語力をまずしっかりと伸ばした後、自分の力でインターンシップ先を探す方法です。もちろん履歴書や面接の予約、面接など全て自分の持っている英語力が試されますので、積極性がとても大事になってきます。まずは、無給インターンシップでもいいのでやらせてください!と交渉することが成功の鍵です。

この留学スタイルを目指す方へのメッセージ

仲眞 秀哉(統括プロジェクトマネージャー/野外教育)

現在、どこの企業採用でも「海外インターンシップ経験優遇」というのは主流になってきています。国際化が進んでいる中で、海外の人と働いて、経験をしっかり積んだ方が就職や転職で有利に働く傾向にあるようです。英語力を伸ばすだけでなく、専門知識をつけた上で実戦経験を踏むとかなり実力をつけた留学ができること間違いないです。

ポイント①

しっかりとした英語力を身に付ける
インターンシップは英語力がないとできません。英語のレベルによって、経験できるインターンシップは異なります。つまり英語力が低い状態で無理やりインターンシップ経験をしても、大した責任のあるお仕事は任せてもらえません。就職活動の際は、必ずインターンシップの経験を聞かれます。そこで雑用だけやっていましたとは言えませんよね。英語力=インターンシップの質といっても過言ではないので、まずは英語力を身につけましょう。

ポイント②

無給から有給インターンシップへ
英語力がかなり上級でない限りは無給のインターンを紹介してもらうことがほとんどです。インターンシップで仕事をするのに、なんで無償でやらないといけないんだ!という方もいらっしゃいます。この時一番重要なのは「働く姿勢」です。まずは、無給でも何でもやるので、インターンをさせてください!という姿勢が大事です。普通は、雇用者の立場に立ってみると、英語が完璧でなく身も知らない留学生をいきなり雇うという発想は生まれませんよね。ここは謙虚に、無給でもいいので、自分の人柄やスキルを思う存分発揮して、認めてもらうことからスタートしましょう。スキルがあるあなたであれば、無給から有給に変わるチャンスがありますよ。

ポイント③

どんなに小さな仕事でも丁寧に一生懸命取り組む
インターンシップでとても大切なことは、一生懸命取り組むことです。ここで上手くいく人、行かない人の2種類に分かれます。小さな仕事、つまり最初に任されるのは雑用です。ここで、「勉強したことをちっとも生かせられないじゃないか!」や「こんな仕事やって何の意味があるんだよ!」と考える方と、「どんな仕事でも一生懸命取り組もう!」、「任された仕事が終わってしまったので、他に仕事がないか聞いてみよう」、「周りの人はどんな仕事をしているのか観察してみよう」と意欲に燃える人では、後々任せられる仕事内容に雲泥の差がでてきます。前者は完全に自己中心的な考えです。上手くいく、成功する留学生は後者で、どんな仕事でもしっかり取り組んで行きます。

ポイント④

インターンシップで経験できるお仕事
経験できるお仕事とし、空港インターン、IT関係、貿易、英文事務、通訳・翻訳、レストラン、ホテルなどが人気の分野になります。この理想的なインターンシップを実現させるには英語力が上級でなければいけません。英語力が低くても上記のお仕事は可能ですが、ほぼ雑用を任されますので、想像しているものとは違う経験になってしまいます。もちろん、飲食店や、観光案内所、幼児教育や小学校で日本文化を教えることも人気があります。

オススメ学校

序盤の英語基礎力固めに:語学プログラム

ELS Languaguage Centre

区分:私立語学学校/平均学費:1400ドル~(1カ月)/場所:バンクーバー、トロント

ELS Languaguage Centre

州立大学から認められる確実な英語力を身につけられる語学学校!

この学校の上級レベルを修了すると、州立カレッジのプログラムへの入学が認められるほど、堅いアカデミック英語を着実につけることができる学校。他の学校に比べ、エッセイライティングやリーディングが多いのが特徴で、スピーキングでもプレゼンテーション、ディベートが頻繁に行われ大変ですが、仕事でも生きる確実な英語を身につけることが可能です。

St.Giles

区分:私立語学学校/平均学費:1330ドル~(1カ月)/場所:バンクーバー

St.Giles

企業語学研修も行う落ち着いた雰囲気の学校で総合的な英語力アップ!

St.Gilesは世界的に有名な企業の語学研修をたくさん行っていることもあり、そのプログラム、落ち着いた学校の雰囲気ともに社会人に大変オススメの学校です。バンクーバーの中では珍しく、ヨーロッパ人が多数を占めているのも大きな特徴で、読む・書く・聞く・話すをバランスよく伸ばしていくプログラムにも定評があります。

Humber College EAPプログラム

区分:州立カレッジ英語プログラム/平均学費:3000ドル(2カ月)/場所:トロント

Humber College

トロントの名門州立カレッジが提供する英語プログラムで差をつける!

名門州立カレッジが提供する留学生や移民に向けての英語プログラム。本プログラム卒業生は州立カレッジの本科コースに問題なく入れるレベルの英語力をつけることを目的に設計されているため、ハイレベルなアカデミック英語を身に着けることができます。州立の英語プログラム中でも様々な人種と年齢の学生とともに勉強できるのも大きな特徴です。

VGC Language School

区分:私立語学学校/平均学費:1230ドル~(1カ月)/場所:バンクーバー

VGC Language School

TOEFLやIELTS対策にも強い、高い英語力を総合的に身につける!

もともとTOEFLやIELTSといった国際的な英語資格の対策コースが強い学校ということもあり、話す・聞く・読む・書くをバランスよく高いレベルで教えています。クラス内での授業に加え、グループプロジェクトなど実践的に英語を使う環境を取り入れたり、無料で先生が常駐する自習室やオンラインコースが使えるなど、新しい取り組みにも積極的な学校です。

専門性を高めるために:ビジネス・資格プログラム

Humber College

区分:州立カレッジ/平均学費:14000ドル~(1年)/場所:トロント

Humber College

産業界で圧倒的支持を誇る!高い専門性と就職率を誇る州立教育機関

カナダ州立教育機関の中でも大変高い就職率は、就労に直結する知識やスキルを徹底して習得できるプログラムが産業界で大変高く評価されている証拠。また、大卒者のみが取得できるPost-graduate Certificateはその単位がMBAと互換性を持つほど質が高く、大卒者、社会人に大変人気です。卒業後1~3年の就労ビザの取得が可能で、カナダで正社員として働けるのも大きな魅力です。

British Columbia Institute of Technology (BCIT)

区分:私立ビジネス学校/平均学費:15000ドル(1年)/場所:バンクーバー

British Columbia Institute of Technology (BCIT)

BC州で最も高い就職率を誇る、産業界が認める実践的教育プログラム

BC州の中でも最も高い就職率を誇る州立教育機関。ビジネス、IT、エンジニアリング、デザインなど多岐にわたる分野で卒業後に即戦力として活躍できる知識とスキル、経験を身につけることを目指したプログラムは大変人気があります。州立機関のため、卒業後に1~3年の就労ビザを取得でき、カナダでフルタイムでの仕事に就けるのも大きな魅力です。

University of Victoria

区分:州立大学ビジネスプログラム/平均学費:5900ドル(3か月)/場所:ビクトリア

University of Victoria

名門州立大学でカナダ人学生や社会人とビジネスを集中的に学ぶ!

三か月という短期間にもかかわらず、カナダ人の大学生や社会人と名門州立大学でビジネスを勉強できる珍しいプログラム。短期間で経営学8科目(マネジメント、会計など)を学ぶため、非常にタフな内容ですが、ネイティブとの日々のグループワークの中で、英語力の更なる向上と、国際舞台で役立つビジネス知識やスキルを獲得できます。

Ashton College

区分:私立ビジネス学校/平均学費:4300ドル(3か月)/場所:バンクーバー

Ashton College

経営や貿易を短期間で集中的に学ぶならこの学校!

経営の勉強や国際貿易資格を狙う方にオススメの学校です。学生のほとんどは留学生ですが、社会人経験者・大学生と非常に意識の高い学生たちが勉強をしています。各プログラムともに6か月で修了する構成ですが、3カ月からの申込みが可能で、3か月以上のクラス授業の場合は、インターンシッププログラムをつけることも可能です。

Arbutus College

区分:私立ビジネス学校/平均学費:3090ドル(2か月)/場所:バンクーバー

Arbutus College

自分の好みに合わせて設計できる留学生向けビジネスプログラム!

経営や会計、そして名物先生のいるマーケティングプログラムなど、ビジネスを学びたい留学生に大変人気の学校です。留学生向けのため、授業にもついていきやすく、各先生たちが親切に教えてくれます。自分の好きなコースを組み合わせて取っていくのも特徴で、興味にあったビジネスの学習ができるほか、インターンシップ経験を積むことも可能です。

Gastown Business College

区分:私立ビジネス学校/平均学費:3950ドル(2か月)/場所:バンクーバー

Gastown Business College

提携企業は多く、その中から自分に合ったインターンシップを実現!

カナダでの就職活動から、企業での実務経験を経験。適職探し、雇用先の見つけ方、履歴書の書き方、面接時のマナー、興味のある分野での実務経験など、1人1人の希望、ニーズ、スキルにあわせて指導。総合的なビジネスマナーやビジネス英語を学ぶとともに、実践的なトレーニングの評判はとても高いです。

就職・転職に直結!確かな英語力と資格取得ならカナダ留学のウエストコーストインターナショナル