カナダ 州立大学 カナダ語学留学10年の実績

カナダ 州立大学

よくあるお悩み

  • カナダの大学にはどうやって入るんですか?
  • 英語のレベルはどのぐらい必要ですか?
  • 他の国に比べてカナダの大学は何が優れてますか?
  • 留学費用はいくらぐらいですか?
  • 日本で仕事につけますか?
将来のため、才能を伸ばすためならカナダの州立大学が一番

おすすめ留学プラン

1カレッジ進学 それから有名大学へ編入

カレッジ進学 それから有名大学へ編入

カナダの州立大学では、中小規模のカレッジから有名大学へ編入することが出来ます。英語レベルはTOEFLやIELTSの資格をとらないでも、付属英語プログラムを終了することで正規プログラムへの入学が可能となります。少人数のカレッジでカナダ人との勉強にも慣れてから、有名大学へ通学することで留学成功率がとってもあがります。カナダの大学の特色は、特定の専門プログラム以外は、色々な教科を勉強することが出来、専攻も途中で変更することが出来ます。本当に将来やりたいことを見つける上でも、幅広く勉強できることで柔軟でかつバランスのいい人材を育てることが出来ると言われています。

2州立大学-就職に強い州立大学(ポリテクニック)へ進学

州立大学-就職に強い州立大学(ポリテクニック)へ進学

カナダのポリテクニック大学は、その地域に必要な人材を育成するため、仕事につくためのプログラムを多く開講しています。先生もその分野のプロフェッショナルです。例えば、ウエブビジネスで成功している人がウエブのコースの先生だったり、有名スポーツチームの宣伝をしている方がマーケテイングを教えていたり、実際の公認会計士が会計を教えてくださったりしています。他にもエンジニア、技術士、国際ビジネスマンなど仕事で成功している方が先生なので、その分野の仕事に役立つ知識とスキルを学ぶことが出来ます。

3名門大学へ進学

名門大学へ進学

カナダの州立大学は大変質が高くて有名です。世界ランキングでも上位に入っている大学も多数あります。カナダは資源国家であり、技術開発も進んでいます。世界の国と仲良く国際ビジネスを行っていますので、そういった国の教育を受けることは、国際社会で活躍するための準備になること間違いなしです。ただ丸暗記するだけの教育ではなく、実践的なグループでの課題発表を行ったり、リサーチをしながら論文を書いたり、勉強は大変ですが世界に通用する人材の育成に成功しています。

この留学スタイルを目指す方へのメッセージ

美和・チュッカ(代表)

カナダの大学はほとんどが州政府が運営していますので質もいいですし、安心です。教授方法も、学生に物事について考えさせたり、意見交換をしたり、自分でリサーチしたりと将来国際社会で活躍するために必要なスキルや知識を学ぶことが出来ます。

ポイント①

カナダの大学への入学手続きはシンプル!
カナダには受験や入学テストはありません。高校時代の内申が大事です。ただし、内申が低い場合でも、カレッジから有名大学への編入システムがとても進んでいますので、いくらでも挽回することが出来ます。日本の高校、又は高卒認定を取得、英語力の入学条件をクリアーすれば入学出来ます。

ポイント②

英語力はあったらあっただけ進学してから有利
英語力はTOEFLやIETLSでの進学より、大学付属プログラムを受講することをおすすめします。カナダの大学は、付属の英語プログラムを終えたら正規プログラムに入学出来る学校が多くあります。通常IBTで80、IELTS6.0から6.5は必要です。カナダの大学は、小論文や、グループでの課題発表、中間テスト学期末テスト、クラスでの発言等総合的に点数がつきます。丸暗記してテストでいい点をとればそれでいいという方式ではないです。付属プログラムでは、考える力、発言する力、比較分析する力、グループで課題を行う力、問題解決能力など英語力と人間力を学ぶことが出来ます。

ポイント③

カナダの大学は他の国にくらべ高水準
カナダの大学は素晴らしい施設や教師陣もさることながら、とにかくプログラムが優れていることで有名です。 特に人材育成にとても力を入れています。色々な分野の勉強が出来たり、専攻を変更することが出来ます。大学に入ったけれど、まだまだ将来何をやりたいか分からないことも多いはず。そんな時は色々な分野の勉強をしてみるのも、将来設計に役立ちます。学費も他の国より安く年間、100万から高くても350万ほどです。通常生活費をあわせても年間200万から300万で生活しています。

オススメ学校

カナダ州立カレッジ

Langara College

区分:州立カレッジ/場所:バンクーバー
Langara College

カナダ随一と言われる英語コースと名門州立大学編入ならココ!

本カレッジの大学編入プログラムを利用してカナダ州立大学へ編入する学生が大変多く、特に名門UBCへの編入率の高さなどからもその教育水準の高さに定評があります。編入プログラム以外にも様々なディプロマが取れるプログラムがあるほか、本科へ入学する留学生向けに開発された独自の付属英語プログラムLEAPは、カナダで最もレベルの高い留学生向け英語プログラムとして、他カレッジや大学からも認められています。

Douglas College

区分:州立カレッジ/場所:ニューウエストミニスター、コキットラム(バンクーバー周辺)
Douglas College

大学編入プログラムからディプロマまで幅広い進路を提供!

Langara同様、UBCやSFUなどカナダ州立大学への編入プログラムに定評があるほか、ビジネス、ホスピタリティをはじめとしたディプロマも人気です。また、ソーシャルワーク(社会福祉)関係のプログラムでも高い評価を得ているカレッジです。四年制大学へ進学する方にも、二年のディプロマ取得後にカナダで就労する方にもお勧めの学校です。

Vancouver Community College (VCC)

区分:州立カレッジ/場所:バンクーバー
Vancouver Community College (VCC)

“手に職をつける”ならココ!多岐にわたる職業訓練、資格取得プログラム!

大学進学よりも手に職をつけてカナダ長く就労したい、ゆくゆくは移民を考えている、といった方に大変オススメの学校。調理師、美容師、メイクアップアーティスト、自動車修理工、歯科衛生士、デザイナーなど、8ヶ月~2年のプログラムで専門性を磨きながら、プログラム終了後に取得できる就労ビザで、カナダで長期で働くことができます。また、TESOLなどの英語教授法など資格取得にも強い学校です。

North Island College (NIC)

区分:州立カレッジ/場所:コートニー(バンクーバー島)
North Island College (NIC)

名門大学“編入保証”プログラムと郊外のアットホームな雰囲気が人気!

NICがあるコートニーは人口3万人前後の小さな郊外の町。それ故に、日本人もほとんどいない白人社会での生活が大変人気。学校規模も小さいため、先生と学生の距離も近く、留学生も手厚いサポートを受けられるアットホームな学校ですが、プログラムの質は大変高く、なんと言っても、一定の成績を修めることで名門ビクトリア大学を始めとした州立大学への編入が入学時に約束される“編入保証”プログラムが非常に人気です。

Seneca College

区分:州立カレッジ/場所:トロント
Seneca College

豊富なプログラムと圧倒的な施設が売りのカナダ最大の州立カレッジ!

州立カレッジの中でも最大規模を誇る本カレッジは、その豊富なプログラムと最先端の設備で、すぐに仕事で使える実践経験を重視したプログラムを提供。ファッション、アニメーション、コンピューター産業などをはじめとしてトロントを中心に様々な産業で世界に通用するプロフェッショナルを輩出しています。これら専門性の高いプログラムに加え、トロント大学などへの編入プログラムを持っているのも大きな魅力です。

Georgian College

区分:州立カレッジ/場所:バリー(トロント周辺)
Georgian College

地域の強みを生かしたプログラムが人気のアットホームな州立カレッジ

トロント中心街から車で90分ほど離れた郊外の町にある生徒数1万人程度の州立カレッジ。郊外カレッジ独特のアットホームな雰囲気と留学生への手厚いサポートに加え、多くのプログラムにCOOPという有給で実戦経験を積める機会が組み込まれているため、卒業時点でしっかりとした就労経験を養うことができます。土地柄、観光、自動車関連プログラムが大変人気ですが、医療系プログラムも非常に高い評価を得ています。

Okanagan College

区分:州立カレッジ/場所:ケロウナ、バーノン
Okanagan College

BC州第三の都市ケロウナでディプロマ取得から大学進学まで!

バンクーバーから車で8時間ほど離れたケロウナにある中規模州立カレッジ。近くにUBCオカナガンがあることからUBCへ進学する学生が多いが、その他にもBC州の州立大学をはじめ、様々な編入実績を持っています。また、観光で有名な地元の特性を生かしたホスピタリティやビジネスなどの2年制ディプロマも人気。バンクーバーなどのカレッジに比べ留学生が少なく、BC州で地元カナダ人とともに学びたい学生にもお勧めです。

州立ポリテクニック(就職に職業訓練工科大学)

Humber College

区分:州立ポリテクニック/場所:トロント
Humber College

産業界で圧倒的支持を誇る!高い専門性と就職率を誇る州立教育機関

カナダ州立教育機関の中でも大変高い就職率は、就労に直結する知識やスキルを徹底して習得できるプログラムが産業界で大変高く評価されている証拠。また、大卒者のみが取得できるPost-graduate Certificateはその単位がMBAと互換性を持つほど質が高く、大卒者、社会人に大変人気です。卒業後1~3年の就労ビザの取得が可能で、カナダで正社員として働けるのも大きな魅力です。

British Columbia Institute of Technology (BCIT)

区分:州立ポリテクニック/場所:バンクーバー
British Columbia Institute of Technology (BCIT)

BC州で最も高い就職率を誇る、産業界が認める実践的教育プログラム

東のHumber、西のBCITと言われるほど、BC州の中でも最も高い就職率を誇る州立教育機関。ポリテクニックとして、ビジネス、IT、エンジニアリング、デザインなど多岐にわたる分野で卒業後に即戦力として活躍できる知識とスキル、経験を身につけることを目指したプログラムを提供しており、カナダ人の四年制大学卒業者が就職のために通うほど実践的で仕事に直結する内容として高く評価されています。

州立四年制大学

University of British Columbia (UBC)

区分:州立四年制大学/場所:バンクーバー
University of British Columbia (UBC)

言わずと知れたカナダトップクラスの名門州立大学

世界大学ランキングでも常に上位にランクインする、カナダで最も有名な名門大学の一つ。世界で活躍する人材を多数輩出し、そのプログラムの質の高さと国際的な名声から非常に人気があるため、カレッジからの編入でさえその競争率は大変高く、高校やカレッジでの高いGPA(成績)が求められます。ビジネスから工学、化学、言語学まで、あらゆる領域で常にトップを走り続ける大学です。

University of Victoria (UVic)

区分:州立四年制大学/場所:ビクトリア(バンクーバー島)
University of Victoria

産業界で圧倒的支持を誇る!高い専門性と就職率を誇る州立教育機関

BC州第二の都市ビクトリアに位置する名門大学。医学部のない中規模大学のランキングでは常にランキングトップに位置づけられる大学の一つで、心理学、言語学や社会福祉系のプログラムなどに加えて、音楽や芸術系でも多数の著名人を輩出しています。UBCに比べると留学生が少なく、カナダ人学生の割合が高いものの、留学生の活動はUBCを凌ぐほど活発で、カナダ人と留学生の交流も非常に積極的に行われています。

Simon Fraiser University (SFU)

区分:州立四年制大学/場所:バンクーバー
Simon Fraiser University (SFU)

産業界で圧倒的支持を誇る!高い専門性と就職率を誇る州立教育機関

大学世界ランキングで設立して50年以内の大学トップ100では24位を誇る名門校。医学部のない中規模大学ではカナダで過去21年の内10回NO1です。特にビジネス、エンジニア、ロボテイックス、環境学の分野では数々の賞を受賞しています。経験豊富な教授陣による前進的、かつ実践的な質の高い教育は産業界でも支持されています。

就職・転職に直結!確かな英語力と資格取得ならカナダ留学のウエストコーストインターナショナル