カナダ150周年:カナダの歴史 カナダ語学留学10年の実績

ウエストスタッフブログ

カナダ150周年:カナダの歴史

Hello everyone! Clement from Westcoast here.

 

Canada is a very young country. In fact, this year will mark its 150th year as an independent nation. But we have a fascinating history that goes back more than 400 years! Here are some interesting historical facts about Canada.

カナダはとても若い国です。というのも、今年はカナダが独立して150周年の年になります。けれどもカナダには400年以上にもおよぶ素晴らしい歴史があります。そこで、今回はカナダの興味深い歴史的な事実をいくつか紹介します。

 

There is evidence of people living in the area that is now modern Canada as far back as 10000 years ago. The Vikings also settled parts of Eastern Canada in or around the year 1000, but the most notable start of European settlement was the arrival and exploration of John Cabot in 1497. Jacque Cartier then arrived on the East Coast at the St. Lawrence river, where he was directed by some aboriginal peoples to their village with use of the word Kanada, which later became the name of the country, rewritten as Canada. The British also came to North America soon after, and there were many conflicts and disputes between the two.

現在のカナダには、およそ1万年前から人が住んでいたとされています。また紀元1000年前後にはバイキング(カリブ海の武装船団)がカナダ東海岸の一部に住み着いていました。しかし、特筆すべきこととしては、ヨーロッパからの入植は、1497年の、ジョン・カボットが到着し、探検したことに始まります。その後、ジャック・カルティエが東海岸のセント・ローレンス川に到着し、カナダの先住民によって、彼らの村へと案内されました。この村は先住民の言葉で「Kanada(村という意味)」と呼ばれ、それが現在の「Canada」となり、国の名前になりました。そのすぐ後にはイギリス人たちが北米大陸に到着し、イギリス人とフランス人の間でいくつもの紛争や小競り合いが起こりました。

 

Canada was eventually split into two parts, Upper Canada (now Ontario) ruled by the British, and Lower Canada (now Quebec) ruled by the French. Then in 1861, the two Canadas came together, with several other provinces, to decide on the future of the colony. It was agreed, after many negotiations, that Canada would become a colony of the British empire as a separate country called simply Canada, and confederation and the British North America Act was signed in 1867.

結局、イギリスが統治するアッパーカナダ(現在のオンタリオ)とフランスが統治するロウアーカナダ(現在のケベック)の2つにわかれました。その後1861年に、2つだったカナダがほかのいくつかの州とともに1つとなり、植民地をどうしていくかを決定しました。いくつもの話し合いの末、カナダという名前でイギリス王室の支配下の植民地となり、1867年に英領北アメリカ法が調印されたのがカナダの国としての始まりです。

 

Since then, for the past 150 years, Canada has been a growing country that has become well known for its diversity, nature, polite people and multiculturalism. Canada is a beautiful country, and certainly one worth celebrating on its 150th birthday!

それからの150年のあいだに、カナダは、ダイバーシティや自然、親切で礼儀正しい人々、また多文化の国として知られる国へと成長しました。カナダは美しい国です。ぜひ、150回目のカナダの誕生日をお祝いしましょう!

 

 

Clement

訳:Tomo

就職・転職に直結!確かな英語力と資格取得ならカナダ留学のウエストコーストインターナショナル