カナダとイギリス王室 カナダ語学留学10年の実績

カナダ留学最新情報

カナダとイギリス王室

こんにちは。ウェストコースト学生スタッフのTomo です。

カナダ留学している、またはカナダ留学を考えている皆さんに、カナダの基礎知識を1つ!

 

9月24日、イギリス王室のウィリアム王子とキャサリン妃、そしてその子どものジョージ王子とシャーロット王女がカナダのブリティッシュコロンビア州に、公式訪問のために到着されたニュースは皆さんご存知だと思います。

(BBCの日本語のニュース記事はこちら:http://www.bbc.com/japanese/video-37470053

 

ところで、イギリスとカナダはどんな関係なんでしょうか?カナダの20ドル札と25セントにはイギリスのエリザベス女王が描かれていますね。

カナダはイギリス連邦(正式にはコモンウェルス、英:Commonwealth)の国の1つです。このコモンウェルスとは、簡単にいうと、それぞれの国の自治権を認めつつ互いに協力していこうという、イギリスを中心とした国の集まりのことです。カナダの他にオーストラリアとニュージーランドが有名ですね。カナダの国旗にはありませんが、BC州の州旗にはコモンウェルスの象徴ともいえるユニオンジャックが描かれています。

 

さて、あまり知られていないかもしれませんが、カナダにはイケメン首相として人気のトルドー首相の他に、カナダ国王がいます。その国王というのが、イギリス国王のエリザベス2世です。つまり、エリザベス女王はイギリスの国王であると同時にカナダの国王でもあるということのようです。

しかしイギリスにおられるエリザベス女王はなかなか直接カナダで国王の任務を果たすことは難しく、そこでカナダには女王に選ばれた総督がおり、その総督がカナダでの任務を遂行しているそうです。

 

ここまで、とても簡単にカナダとイギリス王室の関係を書いてきました。これで、今回のウィリアム王子ご一家がカナダに訪問されたニュースを少し深く理解できたでしょうか?もっと詳しく知りたい方は、ぜひ調べてみてください。友達やホストファミリーとの会話にこんな内容を加えてみるのもおもしろいかもしれませんね。

 

Tomo

就職・転職に直結!確かな英語力と資格取得ならカナダ留学のウエストコーストインターナショナル