英語学習のコツ、インプットとアウトプット カナダ語学留学10年の実績

カナダ留学最新情報

英語学習のコツ、インプットとアウトプット

Hello everyone. This is Clement.

皆さんこんにちは。ウェストコーストのClement です。

英語力を伸ばしたい!というのはカナダ留学している、またはこれからしようとしている人皆の課題ではないでしょうか。

 

When studying English, or any other language, many of us get stuck on too much input, or too much output. A balance of both is very important!

英語を勉強するとき、そしてほかの言語でもそうですが、多くの人がインプットをたくさんしすぎたり、またはアウトプットをたくさんしすぎたりしてそこでストップしてしまっているようです。この2つのバランスはとても重要です!

 

Input is information we receive from felow students, teachers, or other people we meet on a daily basis. This may be in the form of conversation, things we read, study time, or any other form of English which comes from different sources. However, focusing only on input and as much of it as possible will not improve our language skills or allow us to retain what we learn. For input to be effective, we must understand the information we are receiving. While studying english, or even studying Japanese, input sources should be slightly above our own level of skill, but still understandable. For example, reading papers or books that are too far above our own level of skill results in lack of understanding of the material. Reading something just a little above our skill level allows us to test that skill and extend it a little beyond our current learning, but still understand what we are reading or listening to. This enables us to retain the information we receive, and allows us to them proceed to output.

インプットというのは、日々私たちが出会うクラスメイトや先生、出会うすべての人たちから受け取る情報のことです。これは会話という形をとることもあるし、読むこと、勉強する時間、または様々なところから入ってくるどんな英語の携帯をとることもあります。しかしながら、インプットにだけ集中してしまっては、英語のスキルを高めることはできないし、せっかく学んだことを(記憶に)留めておくこともできません。インプットを効果的にするために、私たちは(インプットで)受け取った情報を理解しなくてはいけません。英語を勉強しているとき、そして日本語のときもそうですが、インプットに用いる素材(教材)は、自分の英語レベルを少しだけ上回るけれどなんとか理解できる、というレベルのものがいいでしょう。実際、自分の英語レベルをはるかに超えた新聞や本を読んでしまうと、その読んでいるものを理解することはできません。自分のレベルを少しだけ上回るものを読めば、自分のスキルを試すことができるし、さらに今の学びを少し広げることができて、なおかつ読んでいるもの(または聴いているもの)を理解することができます。これ(この方法)では、受け取った情報を留めておくことができるし、アウトプットにつなげることもできます。

 

Output is the active part of language learning, where we use the vocabulary, grammar and other skills we learn in conversation, writing, or similar. The best scenarios to practice output are scenarios where everyone is of a similar level, or if the person practicing is with those who are slightly above their own level. This helps students to learn to use the same word in multiple ways, and helps to improve skills by helping us learn to use the language in new ways, and understood words based on their context rather than one specific definition. Miscommunication is a common obstacle for good output practice, but actually encourages manipulation of the language in different ways which help to remove that problem.

アウトプットとは、英語学習の積極的な部分のことで、自分が(すでに)学んだボキャブラリーや文法、その他のスキルを、会話や作文などで実際に使う場面です。アウトプットを実践するのにベストな場面は、皆が同じようなレベルであったり、練習する相手が(自分たちより)少し高いレベルの人たちであるような場面です。これ(こういった状況)では留学生が同じ単語を様々な形態の使い方を学ぶことができるし、新しい使い方でその言語を使うことで自分の英語スキルを高めることもできます。さらに、(辞書やプリントなどに書かれている)意味だけではなく、むしろ文脈からその単語を理解することができます。ミスコミュニケーション(誤解、コミュニケーションがうまくいかないこと)はアウトプットを実践するうえでよくある障害のひとつですが、同時に実はこの問題を解消する方法でもある、その言語をいろいろな方法で使いこなす手助けもしてくれます。

 

Language learning can take a long time. But it can also be a lot of fun. Input and output sound complicated, but the truth is that they are easy things to include in our everyday lives, even outside of school and classroom. No language can be learned without interacting with it on both the input and output levels in a balanced way. Try your best to find a balance of both and good luck!

語学を学ぶには長い時間がかかりますが、また同時にとても楽しいです。インプットとアウトプットは複雑に感じるかもしれませんが、実際は教室の外でも毎日の生活に取り入れるのは簡単です。どんな言語も、インプット、アウトプット両方でバランスのとれた方法でしか学ぶことができません。この2つの良いバランスを見つけてみましょう。Good luck!幸運を祈ります!

 

Clement

(訳:Tomo)

就職・転職に直結!確かな英語力と資格取得ならカナダ留学のウエストコーストインターナショナル