カナダデー準備でのカナダらしいエピソード カナダ語学留学10年の実績

カナダ留学最新情報

カナダデー準備でのカナダらしいエピソード

こんにちは。ウェストコースト学生スタッフのTomo です。カナダデーは各地でいろんなイベントがあり盛り上がっていましたね。私はウェストの学生さんやスタッフと一緒にサーモン・フェスティバルのパレードに神輿で参加しました。

実は盛り上がったカナダデーの前日、イベントの準備をしている方々をみて「カナダらしさ」を感じたので、今回はカナダデーの裏側を少しだけ紹介します。

IMG_0350

カナダデーの前日、ウォーターフロント駅近くのカナダプレイスでは仮設ステージを設置したりテントを立てたりと着々とイベントの準備が進められていました。そして2人の男性が仮設トイレをトラックで運んでいたのですが、運んでいるものの高さを考慮していなかったのか、フライオーバーというアトラクションに激突!しかし運んでいた人たちは慌てることもなく「やっちまった!」といった様子で苦笑しただけで、何事もなかったかのように作業を続けていました。鼻歌を歌いながらトラックを運転している人、おしゃべりをしながらテントを立てている人など、作業をしている皆がとても楽しそうでした。失敗しても動じない、そして何事も楽しむ、カナダ人のおおらかさを感じた出来事でした。

IMG_0339

カナダでは多くのイベントでボランティアを募集しています。会場の準備をしたり当日の交通整理をしたりする裏側の作業から、当日のステージを盛り上げるパフォーマーまでさまざまなボランティアの機会があります。そんなボランティアを通して、生のカナダを経験できるかもしれません。

イベントなどの「定期的でない」ボランティアは就労ビザやワーキングホリデービザがなくても参加できます。ぜひ挑戦してみてください。

 

 

Tomo

就職・転職に直結!確かな英語力と資格取得ならカナダ留学のウエストコーストインターナショナル